フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、自動車レーダー・システム向け77GHzシリコン・ゲルマニウム(SiGe)統合チップセットを開発、一部の顧客向けにサンプル出荷を開始した。

新製品は、レーダーで自動車の周囲を把握、衝突を回避することができる。搭載しているのはSiGe技術。トランスミッタ、マルチチャネル・レシーバ、フェーズ・ロック・ループ(PLL)を統合した。

77GHz技術を活用したデバイスは、シリアル・ペリフェラル・インタフェース(SPI)コマンドを使って、レーダーを長距離用と短距離用を簡単に切り替えることが可能。これにより、同じレーダー・モジュールを車間距離制御(ACC)や車間距離警報、衝突警報、衝突緩和などの安全システムに活用できる。

長距離レーダーは、車体の前方と後方に限定された細長い領域を対象とする。車間距離制御や車線逸脱警報で利用できる。短距離レーダーは、車体のすぐ近くを幅広く監視。死角検知やプリクラッシュ機能、ストップアンドゴー・アプリケーションなどに適している。

自動車安全システム向けのほか、航空宇宙や軍事、産業用の各市場でも活用できる。同社では、すでに一部の大手車載製品サプライヤ向けに新チップセットのサンプル出荷を開始しており、2012年までに量産を開始する予定。