マツダ 靭(SHINARI)

ロサンゼルスモーターショーでマツダブースの中心に置かれたのは、『靭(SHINARI)』と呼ばれるコンセプトカーだ。

この4シータースポーツクーペは、これまでの「自然界の流れ」をテーマにした「流れ(NAGARE)」シリーズに変わって今後のデザインテーマである“鼓動”を具現化したデザインコンセプト。名前の由来は、鋼や竹のように強い張りを持ったものをねじったり曲げたりした時に、それらが強い反発力をためながらしなやかにたわむ様子や、人や生き物が速い“動き”を生み出すために体をしなやかに変化させる姿をイメージした」という。

今年の9月に写真が公開されていたが、ショーなど大規模イベントでで実車が国際披露されたのは今回のロサンゼルスモーターショーがはじめてとなる。

注目は、エッジを効かせた面構成。これまでの「流」シリーズが滑らかさを強調したスムーズな面構成だったのに対し、「靭」では「強靭な骨格とためた力を一気に解き放す瞬発力、そして美しくしなやかな動きのつながり」を表現している。

躍動的なロングノーズのプロポーションは、ボンネットとキャビンのバランスが絶妙。そして複雑な面構成が作り出す「陰と陽」のコントラストは、その場で1時間見続けていても飽きないほど美しい。この悩殺デザインが、今後の市販車に生かされることを強く期待したい。

 マツダ 靭(SHINARI)  マツダ 靭(SHINARI)  マツダ 靭(SHINARI)  マツダ 靭(SHINARI)