米国、欧州、日本の大型商用車メーカーとエンジンメーカーは、米国シカゴで「第8回大型車グローバルミーティング」を開催、道路貨物輸送関連のエネルギー効率を効果的に改善し、燃料消費量を削減するため、日米欧の規制当局間で協力を密にすることを呼びかける共同ステートメントをまとめた。

グローバルミーティングは、ナビスターのダニエル・ウスティアン会長・社長兼CEOが主催、10社を超える世界の大型車メーカー首脳がシカゴに集まり、燃費や温室効果ガスの排出削減、ディーゼル燃料規格、大型車・エンジンの規制と認証に関連したテーマについて議論した。

この中で各メーカー首脳は燃費改善と温室効果ガス排出削減に向けた取り組みの重要性を確認。その上で商用車メーカーにとって統一的な規格・要件のもとでスケールメリットが得られるよう、政府・地域横断的に車両や燃料に関する要件を調和させることが重要との認識で一致した。

会議では、燃料規格、試験方法、燃費改善/温室効果ガス排出削減に関連した認証手続と方法の調和に向け、政府機関との協力に向け、継続的に連携していくことで合意した。

最後に日野自動車の白井芳夫社長は、2011年の会議を日本で開催することを各メーカー首脳に案内した。