写真左から、シンガポール経済開発庁のレオ・イップ長官・三菱自動車の益子修社長

三菱自動車は、シンガポールの販売会社サイクル&キャリッジ・オートモーティブ(CCA)とともに、シンガポール政府と電気自動車(EV)普及のための活動で協力する協定を締結したと発表した。

シンガポールの経済開発庁が中心となってエネルギー市場監督庁、陸上交通庁とともに「EVタスクフォース」を組織、シンガポールでのEV普及を目指してユーザー向け補助金制度や充電インフラ整備などを検証する。三菱自はこの活動の中で、CCAを通じて2011年から順次EV『i-MiEV』25台を供給し、実証走行試験に協力する。

三菱自動車の益子修社長は「シンガポールが電気自動車にとって理想的な市場であると信じており、シンガポール政府とCCAが共に取り組むことで、シンガポールの自動車走行環境で i-MiEVの性能を評価するとともに、電気自動車の魅力を伝えていきたい」としている。

三菱自動車は日本に続き、海外では香港、オーストラリアで i-MiEVを販売している。

i-MiEV 日本仕様