プジョーテクニカルアドバイザーコンテスト上位入賞3名。左より第3位宮崎秀雄、第1位清水啓生、第2位蛭田幸宏

プジョー・シトロエン・ジャポンは、全国のプジョー正規販売店のサービス部門技術者を対象とした「第15回プジョー・テクニカルアドバイザー・コンテスト」を同社のトレーニング・テクニカルセンター(東京都世田谷区)で開催。プジョー世田谷の清水啓生さんが優勝した。

コンテストは、1996年から開始され今年で15回目。第1回開催当時は約300人だったサービススタッフ総数も、今回では453人に増加し、コンテストへの認知、意欲も年々高まっている。

コンテストでは、選抜試験、一次予選。二次予選を突破した8人が決勝大会に出場した。

決勝大会は、プジョー車の構造やサービスに関する学科試験、車両に使用されている部品を詳しく説明する商品知識試験、会場に持ち込まれた実車を使用した実技試験で行った。実技の出題は「プジョーRCZのトラブルの探求と不具合の修復」だった。

優勝した清水さんと2位だったプジョー船橋の蛭田幸宏さん、3位のプジョー久留米の宮崎秀雄さんの3人は、「プジョー・テクニカル・アドバイザー1級」の称号が与えられた。