フォルクスワーゲン イオス

フォルクスワーゲンは17日、ロサンゼルスモーターショーにおいて、『イオス』の2011年モデルを正式発表した。2011年にデビューすることが決まった新型『ゴルフカブリオレ』との関係に注目だ。

イオスの2011年モデルは、フロントマスクにVWの新しいデザインDNAを表現。内装もアップデートされた。環境性能も引き上げられ、「ブルーモーション」仕様の2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」(最大出力140ps)は、欧州複合モード燃費20.83km/リットルと、従来よりも約14%改善している。

ここで気になるのは、次期ゴルフカブリオレとの関係だ。フォルクスワーゲンは10月末、「2011年春から、ドイツの旧カルマンの工場で、次期ゴルフカブリオレの生産を開始する」とアナウンス。イオスはもともと、『ゴルフ』ファミリーのオープンモデルとして誕生した。だから、ゴルフカブリオレとはキャラクターが、かぶることになる。

2006年にデビューしたイオスは、販売面では成功しているとは言いがたい。実際、日本では2009年の半ばをもって、イオスの導入は中止された。フォルクスワーゲンが、ゴルフカブリオレの復活を決めたのも、同車への根強いニーズがあると判断したためと推測できる。

今年のロサンゼルスにおいて、イオスに2011年モデルが登場したことで、2011年はイオスとゴルフという2つの小型カブリオレが、フォルクスワーゲンのラインナップに存在することになる。イオスがハードトップのいわゆる「CC」(クーペ・カブリオレ)であることから、フォルクスワーゲンは新型ゴルフカブリオレにソフトトップを採用し、キャラクターを分ける方針と伝えられるが、果たして…。

フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン イオス