500(ロサンゼルスモーターショー10)

クライスラーグループは17日、米国におけるフィアット販売ネットワークを発表した。

同社は27年ぶりとなるフィアットブランドの米国再上陸にあたり、販売店の選定作業に取り組んできた。フィアット車の取り扱いに名乗りを上げたディーラーの中から、販売実績や財務状況などを精査。そして今回、米国におけるフィアット販売ネットワークが公表された。

同社の発表によると、米国でフィアットを取り扱うのは、全130拠点。カリフォルニア州が17拠点と最も多く、ニューヨーク州とテキサス州が各10拠点、オハイオ州が8拠点でこれに続く。

各販売店では順次、フィアット『500』の受注をスタートさせる。米国仕様のフィアット500は、ロサンゼルスモーターショーで、ベース価格が非常に戦略的な1万5500ドル(約130万円)と公表。各ディーラーの販売活動にも、力が入りそうだ。