環境技術取材会

トヨタ自動車は18日、東京都江東区にあるメガウェブで環境技術取材会を行った。その中で、内山田竹志副社長は次世代車の開発も重要だが、まずは従来エンジン車の燃費向上を図っていく必要があるとの考えを示した。

「最近は『プリウス』を筆頭に、ハイブリッド車がトヨタの看板のようになっているが、まだ販売の主力は従来エンジン車。パワートレインの効率性向上や走行時の抵抗低減のほか、充電制御、アイドルストップなど低燃費技術を統合して制御するなど、積極的なエネルギーマネジメントを行い、一層の低燃費実現を目指していく」と内山田副社長は説明する。

トヨタはプラグインハイブリッド車をはじめ、電気自動車、燃料電池自動車など次世代車すべての開発を進めているが、「当面の主流である石油を燃料とした従来エンジン車やハイブリッド車をグローバルの基盤技術と位置づけ、これらの技術をさらに磨き上げていく」(内山田副社長)という。

そして、この基盤技術の上に、ガス燃料、電気、水素など代替燃料を利用する次世代車技術の開発を進めていく考えだ。

環境技術取材会