フーガ・ハイブリッド、燃費チャレンジ

11月2日に発売された日産『フーガ・ハイブリッド』。日産自動車のスタッフは、横浜-鹿児島間無給油走行にチャレンジ、1373kmを走行した。

開発責任者の大澤辰夫CPS(※)は、10月26日の報道発表会で、横浜-鹿児島間1330km無給油走行を狙っていると語った。日産社内の高速走行モードによるシミュレーションでは、航続1240kmを測定、大澤 CPSは「運転でちょっと工夫したら鹿児島までいける」と予想、公道を走れるようになったらチャレンジしたい、と述べていた。

フーガ・ハイブリッドの10・15モード燃費は19km/リットル、燃料タンクは70リットル。航続の“カタログ値”が1330kmで、日産グローバル本社のある横浜から鹿児島までの距離になる。日産のスタッフはこれを上回る1373kmを走行した。

大澤CPS以下のメンバーが航続チャレンジを決行したのは11月10〜12日の3日間。横浜ICで給油した後、東名、山陽、九州道を走った。九州では、発表会での地図には東海岸を南下するコースが図示されていたが、実際は福岡のディーラーに立ち寄るなどして西海岸を南下した。

大澤CPSは次のように語る。「最後はエンストが不安だったので一般道を走りました。最後の最後は片側1車線の自動車専用道だったので給油して、そこまで1373kmでした。鹿児島市中心部には到達できませんでしたけど、福岡で寄り道したから、到達した、ということで」。実燃費は20.8km/リットルだった。

※インフィニティ事業本部商品戦略・企画部チーフ・プロダクト・スペシャリスト兼商品企画本部商品企画室チーフ・プロダクト・スペシャリスト

フーガ・ハイブリッド、燃費チャレンジ フーガ・ハイブリッド、燃費チャレンジ。向かって右端が大澤CPS フーガ・ハイブリッド