三菱重工業は、長崎造船所(長崎市)内にリチウムイオン二次電池の量産化実証工場が、11月17日に竣工した。

新工場の生産能力は年産6万6000kWh(中型電池換算で約40万個分)で、今後、リチウムイオン二次電池への本格参入に向けて各種実証技術に取り組み、早期の商業量産を目指す。

実証工場は12月から生産を開始し、ライン稼働率、タクトタイム、電池性能の実証に取り組んでいく。実証ラインには、同社が保有するスラリー技術や印刷塗工関連技術、ターボチャージャーの量産管理技術などを、総合的に盛り込んだ。

国内外のリチウムイオン二次電池の市場動向を踏まえ2011年をめどに、本格的な量産工場の着工を検討している。

同社では、電動フォークリフト、電気バス、クレーンなど自社製品である輸送・搬送機器や他社製品にも、電動パワートレインシステムを組み込むことによる商品性の向上を提案しており、リチウムイオン二次電池に本格参入することで環境ビジネスを強化する。