新フラッグシップクーペ ケイマンR

ポルシェジャパンは、ロサンゼルスモーターショーで世界初公開した新フラッグシップクーペ『ケイマンR』の予約を12月14日から受け付ける。

ケイマンRは、「ケイマンS」より55kg軽量化、パワーで10PSアップする。専用チューンを施したスポーツシャシーによってケイマンSを凌ぐ走行性能を有するという。

最高出力330PSを発生する3.4リットル水平対向6気筒エンジンを搭載するミッドシップクーペ。0-100km/h加速は、6速マニュアルトランスミッション仕様車で5秒。7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)仕様は4.9秒。オプションのスポーツクロノパッケージの場合4.7秒。

最高速度とNEDCに基づく燃費は、マニュアルトランスミッション仕様車が282km/hと9.7リットル/100km、PDK仕様が280km/hと9.3リットル/100km。

DIN規格による車両重量は1295kgに抑えたため、パワーウエイトレシオは標準のマニュアルトランスミッション仕様車で3.9kg/PS、PDK仕様車で4.0kg/PSまで落とすことに成功した。

外観はケイマンSよりも20mm低い伸びのあるシルエットのボディに独特な固定式リアスポイラー、上質なシルバーペイント仕上げのホイール、スポーティさを強調したインテリアとエクステリアを数多く採用した。ブラックフレームのヘッドライトや、ブラックのドアミラー、PORSCHEロゴのサイドデカールなどにより、伝統的なポルシェのレーシングカーを彷彿させるものとした。

日本での価格は6MTが975万円、7速PDKが1022万円。

新フラッグシップクーペ ケイマンR 新フラッグシップクーペ ケイマンR 新フラッグシップクーペ ケイマンR 新フラッグシップクーペ ケイマンR