i-MiEV 北米仕様

三菱自動車は17日、ロサンゼルスモーターショーにおいて、北米仕様の『i-MiEV』を正式発表した。同時に、ベース価格は約3万ドル(約250万円)と公表された。

北米仕様のi‐MiEVの大きな特徴が、日本仕様とは異なる専用ワイドボディ。これは、現地ユーザーの要望に合わせた変更だ。三菱によると、大人4名がゆとりを持って乗車できるスペースを確保しているという。

ボディサイズは、全長3680×全幅1585×全高1615mm。日本仕様と比較すると、285mm長く、110mmワイドで、5mm背が高い。前後バンパーは、米国の衝突安全基準に合わせて、大型化。トレッドも110mm広げられ、前1420mm、後ろ1380mmとなった。車両重量は1172kgと、日本仕様よりも72kg増している。

また、三菱は米国でのi‐MiEVの価格もアナウンス。約3万ドル(約250万円)のベース価格で、2011年11月から、米国の一部エリアで発売。その後、2012年末までに、全米に販売エリアを拡大する。なお、この価格は、米政府などからの補助金適用前のもの。実質価格は、さらに引き下げられると予想される。

このプライスは、日産『リーフ』の3万2780ドル(約275万円)を下回る設定。三菱は、戦略的プライスを武器に、米国でのi‐MiEV拡販に乗り出す構えだ。

i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様 i-MiEV 北米仕様