マーク・ウェバー

最終戦アブダビGP(14日)を8位で終え、ドライバーズチャンピオンシップでも3位に終わったレッドブルのマーク・ウェバーがオーストリアで行われた記者会見で現在の心境を語った。

「コンストラクターズチャンピオンシップがレッドブルにとって非常に重要なものだったからね。今シーズンの戦いがチームを一つにしてくれた。この偉業は僕ら全員が誇りに思うべき。僕自身の目標にはあと一歩届かなかったけれど、たくさんのハイライトがあったシーズンだったし、次のシーズンはすぐそこだ。シーズンを通して激しいバトルがあったけれど、このレベルで戦っているのだから、それも当然のことだよ」

「僕ら2人ともワールドチャンピオンになることを目指していたし、それゆえチームを完璧な状態へと押し上げることができたんだ。シーズン終盤には自然とお互いのパフォーマンスに敬意を表すことができたことは大きいよ」

「セバスチャンには心からおめでとうと言いたい。彼こそ本当にタイトルにふさわしいよ」と、ウェバーはチームメイトを称えていた。

マーク・ウェバー マーク・ウェバー