高級乗用車へ故意に接触し、負傷したと偽って治療費名目の現金を騙し取ろうとしたとして、神奈川県警は15日、神奈川県大和市内に在住する49歳の男を詐欺未遂容疑で逮捕した。周辺では同様の事件が相次いでおり、警察では関連についても調べを進める。

神奈川県警・大和署によると、逮捕された男は2010年10月28日の午後2時ごろ、大和市南林間付近で信号待ちをしていた外国製高級乗用車に接触されたと偽り、運転していた41歳の女性に対し、治療費の名目で現金2万円を要求した疑いがもたれている。

男は過去に自転車事故で負傷した際の傷を車体に押し当て、血を付着させた状態で「事故でケガをした」と訴えていたが、女性が「警察に連絡する」と強固に主張したことで何も取らずに逃走。しかし、名前と住所を名乗っていたことから特定されたという。

同市周辺では高級乗用車の運転者を狙い、「ケガをした」として治療費を求める事件が既遂と未遂あわせて12件発生している。警察ではこれらの事件にも男が関わった可能性が高いとして、厳しく追及。事件の全容解明を進める方針だ。