ベスト・バイ社の『i-MiEV』実証試験車両

三菱自動車は、米国のミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ(MMNA)が、米国最大手の家電量販店であるベスト・バイと提携すると発表した。

MMNAは2011年秋から米国市場に電気自動車(EV)『i-MiEV』を投入する予定で、ベスト・バイはEV購入者の自宅の電気配線や電圧などの調査、220V給電設備の設置・電気工事を提供する。

MMNAでは、i-MiEV購入者が整備する220V給電設備は、イートン・コーポレーション製を推奨しており、ベスト・バイが訪問サービスで設置する220V給電設備もイートン社製品とする。

イートン社は、MMNAのディーラーの充電インフラについても対応する。

三菱自は、日本でも家電販売大手のビックカメラとEVの販売で提携するなど、EV関連では、業種を超えて家電業界を巻き込んで存在感をアピールする方針。MMNAの栗原信一社長兼CEOは、「今回の協業により、業界を越えてEV販売促進に取り組んでいける」とコメント。

三菱自は11月17日から開幕したロサンゼルスオートショーで、i-MiEVの北米仕様を世界初公開する。

イートン社製 220V給電設備 (MMNA推奨品)