フィットEV

ホンダは、17日に開幕したロサンゼルスモーターショーにおいて、『フィット』のEVスタディモデル、『フィットEVコンセプト』を初公開した。

同車は、フィットをベースにEV化したモデル。モーターは『FCXクラリティ』から譲り受けたもので、最高速145km/h、最大航続距離160kmの性能を備える。充電は120Vソケットでは12時間以内、240Vソケットでは6時間以内で完了する。

「3モードEドライブ」システムも導入。「エコノミー」「ノーマル」「スポーツ」の3モードが切り替えられ、ドライバー好みの走行スタイルが選択できる。ホンダによると、スポーツモードでは2.0リットルガソリンエンジンと同等のパフォーマンスを発揮するという。

室内空間は、バッテリーの搭載位置を工夫するなどして、通常のフィットと変わらない5名乗車を実現。バッテリー充電中には、車両から離れた場所にいても、スマートフォンやパソコンにチャージ状況を知らせてくれる。

ホンダは2012年、フィットEVコンセプトの市販モデルを、日米で市販する計画。ホンダの伊藤孝紳社長兼CEOは、「EVは高いユーティリティと運転する楽しさを持つべきだ」と語り、ホンダらしいEVを発売する方針を示している。

フィットEV フィットEV フィットEV フィットEV フィットEV フィットEV フィットEV フィットEVを発表するホンダの伊東社長