神奈川県警は14日、神奈川県川崎市幸区内で飲酒運転を原因とする単独接触事故を起こしたとして、戸塚署に所属する51歳の巡査部長の男を道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。当日は非番で、早朝まで自宅で酒を飲んでいたという。

神奈川県警・幸署によると、逮捕された巡査部長は14日午後0時40分ごろ、川崎市幸区戸手本町1丁目付近の市道で乗用車を運転した際、道路左側の電柱に車体を接触させる単独物損事故を起こした疑いがもたれている。

パトロール中の同署員が立ち往生しているクルマを発見。運転していた男が酒臭いことに気づいてアルコール検知を実施したところ、呼気1リットルあたり0.8ミリグラムの高濃度アルコール分を検出したという。

巡査部長は当日が非番。同日まで横浜市で行われていたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の警備は担当していなかった。調べに対しては「早朝まで自宅で焼酎を飲んでいた」などと供述しているようだ。