三菱商事、豪州の炭鉱開発プロジェクト拡張で合意

三菱商事は、豪州子会社の三菱デベロップメント(MDP)が10%の権益を保有する豪州ニューサウスウェールズ州ユーラン一般炭炭鉱ジョイントベンチャーの生産能力拡張で、豪州エクストラータ・コールと合意した。

今回合意した拡張計画に総額約13億豪ドル(約1060億円)を投じる。MDPの負担分は約106億円。拡張完了後のユーラン炭鉱の一般炭生産量は、現状の2倍以上となる年産約1290万tを見込む。

ユーラン炭鉱は、既存のユーラン・ナンバー3坑内掘一般炭炭鉱と今回の拡張部分に相当するユーラン・ウェスト・プロジェクトで構成する。MDPが10%、エクストラータ・コールが90%出資するユーラン・コール・マインズが運営・操業する。

ユーラン炭鉱の現在の生産能力は年産約620万t。今回の拡張分約670万トンを加えると年産約1290万トンとなる。拡張部品の開発開始は2010年中を見込んでおり、ロングウォール(長壁式採炭)方式を使用した操業開始は2014年を予定。拡張分の操業期間は約18年を予定している。