タイヤ力検知センサ内蔵ハブユニット

ジェイテクトは、独自開発した薄型荷重センサをハブユニットに内蔵することで、タイヤ力を高精度で検知する「タイヤ力検知センサ内蔵ハブユニット」を開発した。

自動車の挙動は、路面とタイヤの間に発生するタイヤ力に左右される。従来のシステムでは、自動車のばね上に搭載した各センサで、タイヤに作用する力を間接的に検知していた。

今回、同社が開発したタイヤ力検知センサ内蔵ハブユニットは、独自開発した厚さ0.5mmの薄型荷重センサをハブユニットの大きさを変えることなく内蔵したもの。従来のセンサと比べてセンシングが0.1秒以上早く、4輪個々に発生するタイヤ力をダイレクトに、より早く、より高精度に検知できる。

ハブユニットで検知した信号情報をもとにステアリング制御機構、駆動力制御機構、ブレーキ制御機構などと組合せ車両制御をすることで、前・後輪のタイヤグリップ力を最適化し、車両の横すべりを防止することなどに貢献する。

同社は今後、アクティブステア機構や左右駆動力分配システムと組合せた独自の車両制御を構築して自動車への採用を推進するほか、新開発の薄型荷重センサの他用途への活用も検討する。