マツダレンタカーとパーク24は17日、大阪市が実施する「電気自動車(EV)を活用したカーシェアリングのモデル事業」の運営事業者に認定されたと発表。両社は、12月25日から大阪市内5か所で、EV5台を使ってカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を実施する。

大阪市のEVカーシェアリング事業は、市が地球に優しい低炭素型交通システムを構築する一環として、カーシェアリングとEVの普及に向けた課題の把握、取り組むべき方策を検討するため、試験的に実施される。

マツダレンタカーとパーク24は、独自に開発したEVカーシェアリングの仕組みを活用し、大阪市都心部と咲州地区の計5か所に、三菱自動車のEV『i-MiEV』5台を導入する。EVを使ったカーシェアリングサービスを一般市民に提供、自動車の削減に結び付く可能性のあるカーシェアリングやCO2排出量ゼロのEVを気軽に体験してもらう。

利用料は15分200円。法人会員は月額費用は無料で、個人会員は別途月額1000円が必要。