トヨタ自動車は17日、中国に独自の研究開発拠点を新設すると発表した。2011年春から一部業務を開始し、従業員数は200人で立ち上げ、将来的に1000人規模の大規模拠点とする。

「トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社」(TMEC)は、江蘇省常熟市にある東南経済開発区に設立された。TMECの資本金は2億3400万ドルでトヨタが100%出資。

TMECは、中国の顧客の要望に対応したクルマを開発するために設立される。トヨタでは、既に中国合弁会社に研究開発センターを設置しているが、中国現地での市場環境調査・研究開発をこれまで以上に充実させていくため、独自の研究開発拠点とする。

TMECでは、日本にある研究開発センターと連携・協力しながら、中国での車両使用環境や顧客ニーズを調査するとともに、商品企画に反映させる。また、中国に導入している車両の徹底した品質確認、中国での省エネ・新エネ車の調査・研究、中国向けエンジンの開発業務のほか、これらを実現するための人材育成も行う。

中国事業の重要性が高まっているため、より中国市場に適したモデルの投入など、競争力のある製品開発に結び付けていくねらいがある。