13日午後11時ごろ、新潟県新発田市内の国道290号を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路外に飛び出し、民家敷地内に突っ込んだ。クルマと民家は全焼。クルマに乗っていた1人が死亡、4人が軽傷を負っている。

新潟県警・新発田署によると、現場は直線区間。クルマは速度超過状態で走行していたとみられるが、何らかの原因でスリップ。そのまま道路右側の民家敷地内にある車庫へ突っ込んだとみられる。

クルマは大破炎上。火は民家建物にも燃え広がり、木造2階建ての住宅と車庫が全焼した。クルマに乗っていた5人のうち、男性3人と女性1人は打撲などの軽傷を負ったものの、延焼前に車外へ脱出した。しかし、後部座席に同乗していた21歳の男性が逃げ遅れて焼死。この家に住む2人にケガはなかった。

現場は新発田市下中山付近で、片側1車線。警察では負傷した4人から事情を聞くとともに、運転者の特定を進めている。