シボレー PHVボルト、カーオブザイヤーに

米国の有名自動車メディア『モータートレンド』は16日、「2011モータートレンド・カーオブザイヤー」を、GMの新型プラグインハイブリッド、シボレー『ボルト』に授与した。

同賞は2009年11月1日から2010年10月末までの1年間に、米国で発表された乗用車の中から最高の1台を選出するもの。今年で61回を数え、米国の自動車メディアが発表する賞としては、最も権威が高く、各方面から高い注目を集めるアワードとして知られる。

今回ノミネートされていたのは、全30車種。日本メーカーでは、トヨタ『シエナ』/『アバロン』、インフィニティ『M』(日本名:日産『フーガ』)、ホンダ『CR-Z』/『オデッセイ』、『マツダ2』(日本名:『デミオ』)などがリストアップ。

また欧州からは、BMW『5シリーズ』、アウディ『A8』、ジャガー『XJ』、フォルクスワーゲン『ジェッタ』、ボルボ『S60』などがノミネートされていた。

最終選考では、モータートレンドのスタッフが一般道、サーキットなどの走行テストを実施。デザイン、エンジニアリング、経済性、安全性など6項目を基準に、最優秀の1台を選び出した。

イヤーカーに輝いたのは、GMが年内に米国一部エリアで発売する新型プラグインハイブリッド、シボレー『ボルト』。燃費性能やデザインの良さなどが認められ、受賞となった。GMが同賞に輝いたのは、2008年のキャデラック『CTS』以来だ。

ボルトの受賞を受けて、GMのトム・ステファン副会長は、「この権威ある賞を受賞できて、大変光栄。GMの開発スタッフの努力が、この画期的自動車を生み出した」とコメントしている。

シボレー PHVボルト、カーオブザイヤーに