アキュラ TSX

ホンダの北米における高級車ブランド、アキュラは17日に開幕するロサンゼルスモーターショーで、『TSXセダン』(日本名:『アコード』)の2011年モデルを初公開する。

アキュラ『TSX』は、日本や欧州向けのアコードを、豪華かつスポーティにしたモデル。ちなみに、北米向けのアコードは、日本では『インスパイア』として販売中だ。北米向けのアキュラTSXには今年4月、『TSXスポーツワゴン』(日本名:『アコードツアラー』)が追加されており、今回、TSXのセダンにも、ワゴンと同様の商品力を持たせるアップデートが施された。

外観は、フロントグリルやリップスポイラーのデザインを変更。フォグランプの形状も見直された。テールランプやリアガーニッシュも新デザイン。アンダーフロアパネルの変更で、空力性能も引き上げられた。

インテリアは、クオリティや静粛性を向上。センターコンソールのデザインも手直しを受けた。オプションのナビゲーションシステムは、LEDバックライト方式のフルVGAモニターとなり、視認性を4倍に高めている。

エンジンは環境性能の引き上げがニュース。2.4リットル直列4気筒、3.5リットルV型6気筒ともに、フリクション低減などの改良が加えられ、米国EPA(環境保護局)予想燃費は0.4km/リットル改善させた。

2011年モデルのTSXセダンは23日から、全米のアキュラディーラーで販売開始。価格は2万9610ドル(約247万円)からと公表されている。

アキュラ TSX アキュラ TSX アキュラ TSX アキュラ TSX アキュラ TSX アキュラ TSX アキュラ TSX