12日午前2時45分ごろ、鳥取県三朝町内の県道で、路上に倒れていた53歳の男性が進行してきた軽乗用車にはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。警察では運転者から事情を聞いている。

鳥取県警・倉吉署によると、現場は三叉路交差点。男性は車道部分に横たわっていたが、これに気づかず進行してきた軽乗用車にはねられた。

男性は頭部を強打し、倉吉市内の病院に収容されたが、約1時間後に死亡。後の調べで琴浦町内に在住する53歳の男性と判明した。警察ではクルマを運転していた女性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

現場は三朝町山田付近で、片側1車線。三朝温泉旅館街の一角。警察では死亡した男性が酔い潰れて寝込んだ可能性もあるとして、調べを進めている。