九州最大のメガソーラー発電所が営業運転開始

九州電力は15日、九州最大となるメガソーラー発電所「メガソーラー大牟田発電所」の営業運転を開始したと発表した。同社では、CO2排出量の抑制効果は年間約1200tを見込んでいる。

メガソーラー大牟田発電所は、敷地面積約8万平方メートル(ヤフードームとほぼ同じ広さ)で、出力は3000kW、年間の発電電力量は一般家庭約2200世帯が昼間に使用する年間電力量約320万kWhに相当する。

同社では、今後も再生可能エネルギーの開発・導入を積極的に進め、CO2排出量の削減に積極的に取り組んでいくとしている。

九州最大のメガソーラー発電所が営業運転開始