11月12日、竣工式典

ゼネラルモーターズ(GM)は12日、インドのタレガオンに、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを同時に生産できる世界初のパワートレイン工場を竣工した。

新工場はGMが2億3000万ドルを投じて2008年12月から着工した。当初の生産能力は、年間16万台で、需要の増加に応じて将来的には生産能力を増強できるよう設計した。新エンジン工場では、まずGMインドが生産する小型車向けのエンジンを製造する。

新しいエンジン工場は、タレガオン、ハロル、グジャラートにあるGMの自動車組み立て工場や、エンジニアリング、設計、研究開発など幅広い活動を行っているバンガロールのGMテクニカルセンターと、連携する。

GMインドが操業を開始してから14年が経過した。GMインドは『スパーク』や『ビート』のほか、『キャプティバ』、『オプトラ』、『クルーズ』、『アベオ』、『アベオU-VA』、『タベラ』といったシボレー車を生産し、インド国内市場に投入している。

GMインドは現在、インドで5番目の規模を持つ自動車メーカー。2010年の1〜10月の販売台数は前年同期比73%増の9万3960台と過去最高。インド全国の178都市に209か所の販売店と205か所の整備施設を展開している。

竣工式でGMインドのカール・スリム社長兼マネージング・ディレクターは「新工場を開設することで、当社の競争力はさらに高まり、GM車への需要の増大に対応できるようになる」と語った。

11月12日、竣工式典 11月12日、竣工式典