10ベストカー

昨年は「ハイブリッド VS 直噴ターボ」という技術論争となったが、今年は新興国を見据えたローコストでコンベンショナルなエンジンが時代のニーズだと思った。

このニーズに応えることができるグローバルカーは何なのか。結果的にはタイ、インド、メキシコで生産される日産『マーチ』に満点を与えた。

しかし新興国での生産に慣れていない日産の技術者は、海外の生産能力を低く見ていたのか、少し雑な設計をしてしまったことが悔やまれる。


清水和夫|自動車ジャーナリスト
1972年にモータースポーツを始め卒業後プロのレースドライバーとなる。その後、モータージャーナリストとして活動を始め、自動車の運動理論や安全技術を中心に多方面のメディアで執筆・講演活動を行う。2009年はNEDOの『革新的次世代低公害車』の委員も務める。

マーチ 10ベスト(東京、早稲田大学大隈講堂前) reproducible