ティグアン

フォルクスワーゲングループは12日、10月の世界新車販売の結果を公表した。アウディやセアト、シュコダを含むグループの総販売台数は61万2200台。前年同月比9.8%増だった。

今年1〜10月の累計世界販売は、598万台。前年同期比は12.4%増と伸長した。市場別では、中国が38.4%増の165万台をセールスし、同社の世界販売を牽引。米国も20.7%増の29万5900台と、好調が持続する。

欧州は、前年同期比0.2%増の278万台と、かろうじて前年実績をクリア。しかし地元ドイツでは、19.7%減の85万9300台にとどまった。好調なのはインセンティブ特需に沸くロシアで、31.8%増の10万5000台を売り上げている。

ブランド別では、フォルクスワーゲンの乗用車部門が、前年同期比12.2%増の378万台を販売。アウディは16.4%増の91万6900台、シュコダが11.9%増の63万8200台、セアトが前年同期とほぼ同じ28万5200台となった。

フォルクスワーゲングループのクリスチャン・クリングラー販売担当取締役は、「我々は引き続き、世界市場におけるシェアを拡大中。通年での販売新記録達成に向かっている」と述べている。

ポーラ ゴルフ ラヴィダ