パナソニックとNECは、製品の共同輸送を本格的に開始した。両社は3月から試験運行を実施、成果が確認できたため、10月12日から正式運行に移行する。

NECの全国輸配送網を利用してパナソニックのデジタル家電とNECの情報通信機器を共同輸送する。共同輸送によってトラックの走行距離を削減したり、積載率向上による輸送効率の向上で環境負荷を低減する。

共同輸送は、ITSのコンセプトである道路と自動車の間での情報の受発信、道路交通が抱える事故や渋滞、環境対策などの課題を解決することを目的に、両社が参画している特定非営利活動法人ITSジャパンの取り組みの中で検討を開始した。

パナソニックの福島工場(福島県福島市)で生産しているデジタル家電製品の関西圏への輸送について、NECの全国輸送網の車両を活用する。NECが生産している情報通信機器と混載し、関東地区・関西地区まで共同輸送する。これによって両社が運用していたトラックの便数は半減する。

今回の共同輸送でCO2排出量は57t削減できるほか、交通渋滞の緩和、トラックの騒音低減などの効果もある。

両社は今後、各地域特性に合うラウンド化や共同輸送、ITS技術の導入などについても共同で検討し、輸送効率の向上、環境負荷低減するため協力する。