8日午前8時ごろ、大阪府柏原市内の市道で、登校中の小学1年生の男児が丁字路交差点を右折してきた乗用車にはねられる事故が起きた。男児はドクターヘリで病院に搬送されたが、まもなく死亡。警察はクルマを運転していた40歳の男を現行犯逮捕している。

大阪府警・柏原署によると、現場は住宅地の中を通る車線区別の無い幅員約4メートルの狭い道路だが、近くの国道が慢性的に渋滞するため、抜け道として利用し、高速度で走行するクルマが多いという。

男児は姉ら2人と一緒に登校していたが、丁字路交差点を右折してきたクルマにはねられた。男児は床下に挟み込まれる状態でひきずられたとみられ、全身を強打。ドクターヘリで搬送されたが、まもなく死亡。警察はクルマを運転していた同市内に在住する40歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男児死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

現場は柏原市大正3丁目付近。調べに対して男は「何かに乗り上げたような衝撃を感じた」、「後方を見たら子供が倒れていた」などと供述しているようだ。警察では男が前方の安全確認を怠ったまま、漫然と右折を開始。直後に男児と衝突したものとみている。