撮影=中島みなみ

大畠章宏経産相は11日の閣議後会見で、中国漁船衝突事件のビデオ流出について、馬淵国交相にも責任があるのではという記者の質問に、こう答えた。

「総理も(政治的責任があるという)発言しているし、情報管理という意味では政治的責任があると思う」

また、「この問題に関わらず、政府としての内部の情報のあり方というものを、IT社会の広がり、社会的変化を充分ふまえた形での情報管理のあり方を見直すことが必要という思いを持っている」と、ビデオ流出だけでなく、警視庁の捜査資料がインターネット上に流出したとされることと重ね合わせて、抜本的な見直しが必要であると述べた。

具体的な責任の取り方についてどうすべきかということについては「ご本人とあとは内閣としてどうするかは、私からのコメントは差し控える」と、話した。

動画キャプチャー 動画キャプチャー