ブラジルの研究開発拠点

デンソーは、ブラジル子会社のデンソー・ド・ブラジル・リミターダ(DNBR)が現在新工場を建設しているサンタバーバラ・ドゥ・オエステ市に、テクニカルセンター(技術開発拠点)を新設すると発表した。開設は2012年初めとなる見通し。

南米の自動車市場は経済発展を背景に急成長しており、デンソーは南米向けのエアコン、スタータ、オルタネータ、パワートレイン機器関連製品などの製品開発を現地で行うことで、南米市場に適した競争力のある製品を迅速に開発して事業の拡大を狙う。

2015年までの総投資額は約40億円で、2015年時点での人員規模は約100人の予定。

デンソーは、日本、北米、欧州、タイ、中国にテクニカルセンターを設置しており、2011年末にはインドにも新設する予定で、ブラジルは6か所目となる。

南米で現在、ブラジルに5社、アルゼンチンに1社の生産拠点を展開する。今回、テクニカルセンター機能を追加し、各拠点にある営業・技術・事業企画・調達などの機能についても順次DNBRに集約、南米全体の事業運営を効率化する。