キャンター新型発表会(11日)

三菱ふそうトラック・バスは、同社の最量販車である小型トラック『キャンター』を8年ぶりにフルモデルチェンジして11月11日から発売した。

8代目となる新型キャンターは、環境性能、経済性能、安全性能+αを追求して開発した。国内での発売を皮切りに、2011年初旬から順次、海外市場にも展開する予定。

新型キャンターは、ダイムラー・トラック部門が全世界共通で展開している「商用車開発システム」に則って開発した。

世界で最も厳しいとされるポスト新長期排出ガス規制に小型トラックとして初めて適合した。全モデルでNOx、PMを規制値より30%低減するなど環境性能を向上した。加えて全車が2015年度重量車燃費基準を2〜7%オーバー達成するなど、クラストップの低燃費も実現した。

これらは軽量・高効率・低燃費の排気量3リットル「4P10」型ディーゼルエンジン、小型トラック用で国内初となる「BlueTec」(ブルーテック)システム(再生制御式DPF+尿素SCR)、トラックで世界初となるデュアルクラッチ式トランスミッション「DUONIC」(デュオニック)の搭載で達成した。

デュオニックは、自動トランスミッションの伝達効率を極限にまで高めた6速デュアルクラッチ式トランスミッションで、ショックや駆動力の抜けがないスムーズでシームレスな変速を実現した。2ペダル式のイージードライブとともにドライバーを運転のストレスから解放し、運転への集中力を高めるとともに、「乗用車感覚」で操作できる取り回しの良さをアピールする。

車両重量は、ブルーテックなどの新システムの追加で重量増となるものの、エンジン排気量の3リットルへの集約や新開発の独立懸架フロントサスペンション、フレームの設計最適化で、車両全体は最大90kg重量を低減した。

また、高速時の制動能力を向上させる「総輪ディスクブレーキ」や、意図せぬアクセル操作に対するフェールセーフ機能として「ブレーキオーバーライド」機能を標準装備する。

デザインは「ソリッド&タフ」をテーマにキャブデザインを一新し、グリルデザインも新しく採用した。インテリアは、明るさと調和をテーマに、コックピットを一新した。インパネシフトは継続採用したが、スイッチ類の配置を見直し、操作性、機能性の向上を図った。

販売目標は年間2万5000台。価格はSKG-FBA20の標準キャブ、全低床、平ボデー完成車が418万2000円。

キャンター新型発表会(11日) キャンター新型発表会(11日) キャンター新型発表会(11日) キャンター新型発表会(11日) キャンター新型発表会(11日) キャンター新型発表会(11日) キャンター新型 キャンター新型 キャンター新型 キャンター新型 キャンター新型