VWポロ

配点は、
VW『ポロ』:10点
プジョー『RCZ』:6点
ホンダ『CR-Z』:3点
ジャガー『XJ』:3点
スズキ『スイフト』:3点

という具合。ポロの10点は、初めてこのモデル(の、1.2TSI)をテストドライブして、「現時点ではこれが“1等賞”だナ」という印象を受けた瞬間から、結局投票に至るまでの間にその感動を上回る存在が現れなかったゆえ。

そんなポロ初試乗から数か月後という段階でRCZに乗った際には、一瞬クラッと気持ちが揺らいだが、「BMWとの共同開発」を謳う搭載エンジンが、実際にはそんな相手先主導で開発が行われたものゆえ、どうしても“BMWのエンジン”というイメージが強い点。そして、この期に及んでトップバージョンが「左ハンドル仕様のみでの導入」という点などから、残念ながらの減点。

僅差でポロを打ち負かし、見事今年の“イヤーカー”に輝いたCR-Zは、ホンダ発の作品であるならば個人的にはもっとテクノロジー・オリエンテッドな内容の持ち主であって欲しかった。これまでにリリースされて来た様々な自社技術を、いわば“焼き直し”で採用したところ、そして組み合わされるエンジンそのものがどうもホンダらしい個性とフィーリングに欠ける点などから、この先のそうした声に対する解答を期待しつつも今回はトップ点を投じる気にはなれず。

そんなCR-Zが、しかし今のタイミングで思い切りスポーティな装いを披露してくれた事への敬意に対する配点と同格で、同得点を与える事にしたのが、孤高のエグゼクティブカーづくりを模索したと思えるデザインの持ち主であるXJ。

スイフトは、コンパクトカーとしての基本性能の高さと見た目質感の高さに感動。マーチと横並び比較をすればその作りの良さは歴然で、その点では10ベストカーにマーチが加わってくれたのは、スイフト陣営には好都合であったはず。

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。

インポートカーオブザイヤーを受賞したVW ポロ プジョー RCZ ホンダ CR-Z 10ベストカー 10ベストカー