GM本社ビル

GMは10日、今年第3四半期(7〜9月)の決算を正式に発表した。

それによると、売上高は前年同期比21%増の341億ドル(約2兆8000億円)。純利益は20億ドル(約1645億円)で、第1四半期の8億6500万ドル、第2四半期の13億ドルに続いて、3期連続で黒字を計上した。

欧州では販売台数の減少により、収支は赤字となったが、北米や中国での新車セールスが好調で3期連続の黒字確保につながった。

GMは来週にも、IPO(新規株式公開)を行い、再上場する予定。同社のクリス・リデル副会長兼COOは「3期連続の黒字計上は、新生GMが成長を遂げている証」とコメントしている。