フーガHV

日産自動車は、10月26日に発表した日産独自開発のハイブリッドシステムを搭載した『フーガ・ハイブリッド』の累計受注台数が11月10日時点で1000台を超えたと発表した。

フーガ・ハイブリッドは11月2日から発売した。販売目標は月間200台だが。11月10日までに1010台の受注を獲得した。

日産独自の1モーター2クラッチのパラレル方式のハイブリッドシステム「インテリジェント・デュアル・クラッチ・コントロール」を搭載。リッターあたり19.0km(10・15モード)というコンパクトカー並みの低燃費で立ち上がりの受注は好調だ。

受注の内訳はベースモデルが680台、VIPパッケージが330台。購入者層は60歳以上が全体の55.2%と半数以上で、50代が30.6%、40代が12.2%だった。

ボディカラーはエターバルスノーホワイトが最も人気で受注全体の24.6%、次いでスーパーブラックの20.6%、クリスタルホワイトパールの19.8%と続く。

オプション装着率は本革パッケージが23.1%、BOSEサラウンドシステムが22.8%、プレミアムインテリアパッケージが15.6%。

フーガHV インテリジェント・デュアル・クラッチ・コントロール フーガHV フーガHV フーガHV