フタバ産業が発表した2010年9月中間期の連結決算は、営業利益が64億0100万円と黒字になった。前年同期は24億7100万円の赤字だった。

売上高は前年同期比17.1%増の1897億6700万円と大幅増収だった。トヨタ自動車などの自動車生産台数の回復で、同社の受注も好調に推移した。

収益も経常利益は37億7600万円と黒字化した。当期純利益は11億200万円となった。

通期業績見通しは売上げが予想以上となるほか、設備投資抑制による減価償却費の減少を織り込んで修正した。売上高は前回予想よりも100億円増の2540億円となる見込み。営業利益は3億円増の30億円だが、経常利益は4億円マイナスの16億円、最終利益は8億円マイナスの1億円に下方修正した。