イメージ

6日午前8時30分ごろ、栃木県宇都宮市内の県道で、道路を横断していた自転車に対し、進行中の軽乗用車が衝突する事故が起きた。乗っていた男性が軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後に18歳の少女をひき逃げ容疑で逮捕している。

栃木県警・宇都宮東署によると、クルマと衝突した自転車は転倒したが、クルマは路上に投げ出された67歳の男性を救護することなく、そのまま走り去った。

男性は近くの病院に収容されたが、顔面などを打撲する軽傷。警察はひき逃げ事件として捜査を開始したが、後に那須塩原市内に在住する18歳の少女が「事故を起こしたのに逃げてしまった」と警察に通報。少女が乗っていたクルマに衝突痕が確認されたことから、自動車運転過失傷害や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

現場は宇都宮市岩曽町付近で、片側1車線の直線区間。調べに対して少女は「気が動転した」などど供述している。