6日午後2時30分ごろ、和歌山県湯浅町内の湯浅御坊道路上り線で、前方渋滞のために減速した大型バイクに対し、後続の軽乗用車が追突。他の車両2台も巻き込む多重衝突に発展した。この事故で追突車が大破炎上。5人が重軽傷を負っている。

和歌山県警・高速隊によると、現場付近では渋滞が発生。大型バイクはこれに気づいて減速を開始したが、後続の軽乗用車はブレーキが間に合わずに追突。押し出されて転倒したバイクや追突車が前走車2台にも突っ込むなど、4台が関係する多重衝突に発展した。

この事故により、バイクを運転していた大阪府岸和田市内に在住する61歳の男性が胸部打撲の重傷。追突側のクルマは大破炎上。運転していた田辺市内に在住する30歳の男性は延焼前に車外へ脱出したが、打撲などの軽傷。巻き込まれた2台に乗っていた3人も打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は湯浅町山田付近で、片側1車線。警察では事故発生の原因について調べを進めている。