「木下工務店の賃貸」管理物件、プレール&プレール・ドゥークシリーズでカーシェアリングを開始する

オリックス自動車は10日、キノシタ・マネージメントとカーシェアリング事業で業務提携することを発表した。東京23区内を中心に展開する木下工務店の賃貸マンションで12月よりカーシェアリングサービスを開始する。

木下工務店グループが開発する賃貸マンション「木下工務店の賃貸」管理物件『プレール&プレール・ドゥークシリーズ』の10物件でサービスを開始、車両は10月より販売を開始したホンダの『フィットハイブリッド』を導入する。以降は順次他の賃貸管理物件でもサービスを開始するとしている。

プレール&プレール・ドゥークシリーズは、東京23区エリア内に177棟を展開。2010月3月より4物件にカーシェアリング車両を試験導入したところ好評だったため、今回の業務提携に至ったとしている。

また、カーシェアリング車両を導入する物件の入居者向けのサービスとして、カーシェアリング入会時の利用登録手数料(5250円)無料、ICカード発行手数料(1000円)無料、月額基本料(最大2000円)6か月間無料とし、さらなる利用拡大を図る。