KYBが発表した2010年9月中間期の連結決算は、当期純利益が80億5900万円と、黒字に転換した。前年同期は19億円の赤字だった。

売上高は、主力の自動車と建設機械向け製品が需要の拡大を受けて前年同期比41.6%増の1559億2800万円と大幅増収となった。

収益では需要拡大による操業度の向上やグループあげての総原価低減活動の効果で、営業利益は126億700万円、経常利益は117億5900万円と、それぞれ黒字に転換した。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。