CR-ZはMTとCVTの2モデルがランクイン

米国EPA(環境保護局)は4日、「2011燃費ガイド」を発表した。燃費ベストランキングでは、トヨタ『プリウス』が市街地21.68km/リットル、高速20.4km/リットルで、5年連続の第1位に輝いた。

2011燃費ガイドは、環境保護局と米エネルギー省が、毎年公表。米国で販売される2011年モデルの乗用車とライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)の燃費性能を1冊にまとめたものだ。

燃費ベスト10は以下の通り。(単位はkm/リットル)
車名 市街地燃費 高速燃費
1:トヨタ・プリウス 21.68 20.4
2:フォード・フュージョンハイブリッド 17.43 15.3
3:ホンダ・シビックハイブリッド/インサイト 17 18.28
4:ホンダCR-Z(CVT) 14.88 16.58
5:レクサスHS250h 14.88 14.45
6:フォード・エスケープハイブリッド 14.45 13.18
7:スマート・フォーツー 14.03 17.43
8:日産アルティマ・ハイブリッド 14.03 14.03
9:レクサスRX450h 13.6 11.9
10:ホンダCR-Z(MT) 13.18 15.73

トヨタ『プリウス』が5年連続のナンバーワンをキープ。市街地、高速ともに唯一、20km/リットル台に乗せる燃費をマークしている。

また今回のランキングには、ホンダ『CR-Z』が初登場。CVTが4位、MTが10位にランクする。これを含めて、日本車のハイブリッドがベスト10の中で、7台(3位のシビックとインサイトを分ければ8台)を占める結果となった。

プリウスは5年連続トップ フュージョンハイブリッド シビックハイブリッド インサイト HS250h エスケープハイブリッド フォーツー アルティマ RX450h