RCZ

正直なところ、今年は10ベストの開票前から“『CR-Z』と『ポロ』の一騎打ち”だろうと予想していたので、当初の悩みは「どちらを10点にするか」だった。

しかし、これは例年のことだが、悩むにつれて思うのは、“自分はこの1年、何を軸にクルマを見てきたか”ということ。「エコカーは 乗らなければ もっとエコ」。エコカーを量産・量販しても、生産と使用でエネルギー消費が増えればサステイナブル・モビリティの未来は開けない。だから去年も『プリウス』や『インサイト』には10点を付けなかった。

いま私たちのクルマ生活に必要なのは、エコな時代にあえて乗る(買う)価値と意義、つまりは「喜び」のあるクルマだ。そこで第一に趣味性をそそる商品企画、第二に存在感と個性のあるデザイン、第三に運転する楽しさを今年の選考基準とした。

この基準で急浮上したのがプジョー『RCZ』である。

クーペの趣味性は言うまでもないが、何度か試乗して3つの基準で少しずつCR-Zを上回ると確信し、RCZに10点。CR-Zは7点。以下は主としてデザインを見比べ、ジャガー『XJ』に4点、『ポロ』と『スイフト』に2点ずつとした。ポロは良く出来たクルマだけど、「『ゴルフ』の弟」という以上の強い個性を感じにくい。それが当初の「10点候補」を2点にとどめた最大の理由である。

千葉匠|デザインジャーナリスト/AJAJ理事
デザインの視点でクルマを斬るジャーナリスト。1954年生まれ。千葉大学工業意匠学科卒業。商用車のデザイナー、カーデザイン専門誌の編集次長を経て88年末よりフリー。「千葉匠」はペンネームで、本名は有元正存(ありもと・まさつぐ)。日本自動車ジャーナリスト協会=AJAJ会員。日本ファッション協会主催のオートカラーアウォードでは11年前から審査委員長を務めている。

ポロ CR-Z XJ