大同特殊鋼は、インドのサンフラッグ・アイアン&スチールと設備投資・製品評価に関する技術支援契約を締結したと発表した。

インドの特殊鋼市場は、自動車・自動二輪車産業の成長やインフラ投資の拡大などを背景に成長している。今後も輸送機器産業の発展や社会インフラの拡充、アジア向け輸出などによる大幅な需要拡大が見込まれている。

大同特殊鋼は、海外売上高の拡大をグループの重要課題と位置付け、新興国を中心に海外でのビジネス拡大を強化していく方針。インドでは、優良な現地パートナーとの協業によりう海外事業の基盤構築につなげる。

インドの大手特殊鋼メーカーであるサンフラッグは、輸送機器向けを含めた各種特殊鋼鋼材をインド国内で生産している。インド特殊鋼市場の拡大に対応するため、中長期的には設備投資も視野に入れた事業計画を描いている。

サンフラッグは、特殊鋼の分野では高い競争力と実績を持つ大同特殊鋼から技術支援を受けることで、高効率な生産機能と高品質化を推し進め、ビジネスの拡大を図る。

今回の合意に基づいて、大同特殊鋼は、サンフラッグの設備投資に関する技術コンサルティングを行うのに加え、サンフラッグで生産されている特殊鋼鋼材の品質レビューを実施する。