GSユアサの産業用リチウムイオン電池が搭載されるハイブリッド入換機関車

GSユアサは9日、産業用リチウムイオン電池モジュール「LIM30H-8A」を日本貨物鉄道(JR貨物)が開発中のハイブリッド入換機関車の試作車に供給すると発表した。

LIM30H-8Aは、架線レス鉄道車両、鉄道用電力貯蔵装置、ディーゼルハイブリッド車両などをはじめとする産業用大容量ハイブリッドシステムなどを目的に開発した。

JR貨物が開発中のハイブリッド入換機関車は、動力源としてエンジン発電機とリチウムイオン電池を搭載するシリーズハイブリッドシステムを採用する。ブレーキング時に、モーターを発電機として機能させて運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、これをGSユアサの産業用リチウムイオン電池モジュールに蓄電する。従来型の入換機関車に比べ、NOx(窒素酸化物)の排出量や燃料消費量の低減、騒音レベルが低減できる。

ハイブリッド入換機関車は、今年4月から東京貨物ターミナル駅(東京都品川区)で実証確認試験を実施、ハイブリッド機関車向けのリチウムイオン電池システムの実用化につながる成果が確認された。

GSユアサは今後、鉄道用リチウムイオン電池システムをさらに改良して本格展開する予定だ。

産業用リチウムイオン電池モジュール「LIM30H-8A」