今仙電機製作所は、中国の内陸部である武漢市に第2工場を建設すると発表した。

同社は現在、中国の広東省広州市に全額出資の現地法人「広州今仙電機」が、中国市場向けにシートアジャスタを製造している。中国での自動車生産台数は今後も伸びる見通しでシートアジャスタの受注拡大に対応するとともに、中国国内での物流効率の改善を図るため、内陸部である湖北省武漢市に、第2の生産拠点を設ける。

新会社は「武漢今仙電機」で資本金は5000万人民元(約6億円)。今仙電機が60%、広州今仙電機が40%出資する。2012年から操業開始し、シートアジャスタを製造する予定。