4日午後6時40分ごろ、千葉県柏市内の市道で、道路左側の路肩を歩いていた21歳の男性に対し、後方から進行してきた乗用車が接触。軽傷を負う事故が起きた。警察はクルマを運転していた53歳の消防士の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

千葉県警・柏署によると、クルマは対向車と接触しそうになって急ハンドルを切った際に道路左側の路外に逸脱。路肩を歩いていた21歳男性の右腕にドアミラーが接触した。

男性は腕を打撲するなどの軽傷。クルマを運転していた流山市消防本部で消防士長職にある53歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。警察は自動車運転過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

現場は柏市花野井付近。調べに対して男は「非番だったので、家で焼酎を飲んだ」などと供述しているようだ。