F1ブラジルGP

ブラジルGPを1-2フィニッシュで制し、チーム創設6年目にして念願のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したレッドブル。レース後、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは次のように喜びを語っている。

「信じられない結果だ。6年前、誰にもこのチームのことを真剣に捉えてもらえなかった。ただのパーティーチームだと思われていたわれわれが、2010年コンストラクターズチャンピオンシップを獲得するなんて誰が想像したろう」

「われわれよりも経験豊富で歴史あるチームを相手に戦い、そして勝利を収めることができた。誠心誠意尽くしてくれたチームメンバー全員、力強いサポートをしてくれたレッドブル、そして見事なビジョンと強い決意を示してくれたディートリッヒ・マテシッツに心から感謝したい」

「2010年コンストラクターズチャンピオンシップを勝ち取ることが出来たのは、レッドブルに関わる全ての人にとって誇らしいこと。それも今シーズン4度目の1-2フィニッシュという圧倒的なスタイルで達成することができたことはまた格別の喜びがある」

「固い決意と惜しみない努力を注ぐ素晴らしい集団だからこそ、この結果につながった。6年半前マテシッツが描いたビジョンを今日ようやく形にすることができた。それはもう信じられない気持ちだよ」とホーナー代表はコメントしている。

F1ブラジルGP パーティーチーム F1ブラジルGP。消火器ではしゃぐ F1ブラジルGP。消火器ではしゃぐ F1ブラジルGP。エディ・ジョーダン