セレナ(8日発表)

全体相場は4日続伸。先週末に発表された米雇用統計の大幅改善から、世界的な景気回復期待が台頭。円相場が1ドル=81円台前半の動きとなったことから、輸出関連株が幅広く買われた。

平均株価は前週末比106円高の9732円と続伸し、7月28日以来3か月半ぶりに9700円台を回復した。自動車株は全面高。

ホンダが94円高の2975円と3日続伸。中国合弁会社の生産能力増強計画が好感されている模様だ。トヨタ自動車が35円高の2999円、日産自動車が15円高の779円と続伸。軒並み高の中、スズキが4円安の2061円と小反落した。

セレナ(8日発表)